logo
 
  updated 2018-05-24
2017.02.09

占いババのなんでも鑑定団

 
今日はいつものいけ花教室。

ひょんな事から、李朝の骨董品の話になって、



気がつくとこんな事に。

ばばぁの自宅から色々持って来て



次々と箱から出してきます。
結構雑に。

ちょいちょいちょい と
得体も知れないものにビビるボク。

なんか勢いで、近所の骨董品屋さんに来てもらって、
鑑定が始まりました。



オープン ザ プライス つって。

初めて経験する古美術鑑定
物珍しくて、ワクワクドキドキ
悪意はないけれど、
にわかに
ゼロがたくさんつくパターンを期待してしまう

見ただけで年代やら作家やら分かってしまうプロ。
これは800年前の鎌倉時代の花瓶だとか
年代による肌の違いや価値の有無とか

聞いてるだけでも、結構おもしろい。
貴重な体験。

鑑定してる様子が、

占いババの元へやって来た夫婦

に見えてしょうがない

だーやま先生

 


     index